会社員から個人経営の店舗への転職

私は以前は正社員として住宅リフォームの会社で営業職として働いていました。 高校卒業後に数ヶ月間フリーターとして過ごした時期がありましたが、初めて正社員として働いた会社でした。 4年ほど勤務したのですが、入社した頃は業績がよかった会社だったのですが、徐々に店舗の数も減っていき、業績もどんどん悪くなっていき「この会社はなくなる」と思ったことが、一番最初に転職が頭をよぎった瞬間だったと思います。 続きを読む

シフト制で休日が変わる異業種への転職

わたくしは、どちらもパート勤務ではありましたが、事務職から販売サービス業への転職をしました。親の介護の問題もあり、9時から5時までという、事務職の勤務時間が難しくなったからです。転職先は、スーパーで、夕方から夜にかけての短時間勤務を希望しましたが、その違いには、かなり戸惑いました。

続きを読む

求人票に書いてあった休日と違う

私は、高校を卒業後、正社員として6年間、食品工場で働いていました。しかし、結婚を機に引っ越すことになり、職場に通勤することが難しくなってしまった為に退職しました。結婚後、引っ越した先で正社員の仕事を新しく探すつもりでしたが、妊娠したので、出産後に落ち着いてからパートとして働くことにしようと考えていました。

続きを読む

転職サイト

夜のお店のコツ

スナックというより夜のお店というのは、基本的にお昼の仕事よりも時給が高い傾向にあります。それはお客さんの一人当たりの単価が高いという事もありますしお給料が高いからこそ、働きたいという女性が集まるからではないでしょうか。

続きを読む

家族ぐるみで忙しさを乗り切る

フリーターをしていたのですが、26歳になったのを機に留学することに。お金をためるため、時給の良いバイトを可能な限りかけもちすることにしました。それで年末の、しかも早朝から16時くらいまで働ける築地でアルバイトを始めることにしたのです。

続きを読む

コンパニオンのお仕事

私は、大学生時代にコンパニオンとして仕事をしたことがありました。コンパニオンにもいっぱい種類がありますが、私が経験したのは結婚式のコンパニオンの仕事でした。仕事を見つけた経緯は、求人情報誌で目にしたのがきっかけでした。住んでいた場所が東京でしたのでただでさえアルバイト代金は他の都道府県に比べると高い水準にはありますが、今まで私が経験した中では一番時給の高い、時給2000円の仕事でした。

続きを読む

販売職から事務職へ